PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豊橋といえば・・・・!

2年前に初めて東三河に拠点をおいた我が家ですが、知らないことが多かったです。
天筒花火や、マツケンなどは勿論!ヤマサの竹輪も名物ながら知りませんでした~。
竹輪と言えば、言わずと知れた練り製品ですが、私の実家の鹿児島では「薩摩揚げ」。沖縄では「かまぼこ」・・・と、表現は違うにしてもあまり珍しい印象はなかったのよね。

でも、ヤマサの竹輪はすごい!
何がすごいって・・・何と直営店にカフェまで作っちゃってるんだもの。

我が家から車で5分ほどの所にある「カフェYケット」に行ってきました。ここは揚げ物の販売されているお店の併設のカフェでちょっとした軽食がとれます。
軽食・・・といってもすごいボリュームです。
630円で、パニーニとコーヒーのセットがいただけちゃいます♪
オーダーの際に、
「マヨネーズにしますか?ピザソースにしますか?」と聞かれました。
今回はマヨネーズをチョイス!
待つこと10分ちょっと。

コーヒーと一緒に運ばれてきたパニーニはやはり大きい!

このパニーニ、15㎝ほどのパンの間に「ギョロッケ」という商品がサンドされています。
「ギョロッケ」とは、このお店の人気商品で、「かに・ほたて・えび・野菜」が入ったすり身にパン粉をつけて揚げた物です。結構大きいかな・・・。あと、チーズとスライスオニオン、トマト、レタスが挟んでありました。
勿論食べにくい、食べにくい・・・です。
パニーニの表面はカリッとしていて、中のギョロッケはサクッ、フワッとした食感です。はんぺんにも似ているかなぁ・・・・。
半分にカットされているのですが、一個食べるとかなりお腹にきます。
残りの一個をどうしようかすごく迷いました。
絶対完食はムリだと思う・・・でも、持って帰るとおいしさ半減だし・・・。
結局は手をつけたのに完食できませんでした・・・・。
そういえば前回来たときも残しちゃったっけ・・・。

案の定夜になってもお腹はパンパン!
友人は
「こんなの邪道よ~!」と言っていましたが、
結構私は好きかも。

豊橋に来たら一度ご賞味あれ。

s-Okusyon.jpg

| toyohashi♪ | 20:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このお店って

5分ほどって言うと・・・どこでしょう?
小松原街道沿いのではないですよね?
今日、あの辺りを通って、併設されている
お花屋さんがちょっと気になったんです。
と言うのもスイミングの友達(Rちゃん
ママ)が無事出産して近いうちに
お見舞いに行こうと思っていてお花屋さんを探してるんですよ~先日、別の友達に
スーパーY内のSフラワーで買ったら
イマイチで・・センス&腕の無い私でさえ
「もうちょっと・・・」と思ったほど。
もしお花屋さんでお勧めがあったら
教えて下さい!

| サチコ | 2007/03/01 20:36 | URL |

そうそう、小松原街道のお店ですよ~。
お花屋さんもありますね。

お花なら、岩田の広田フラワーさんとかどうかしら。学校の行事(入学式・卒業式)などで使われているお店です。
腕はピカイチ♪
つつじが丘の「花ひこ」さんも良いよ~。お店の人がすごく感じ良くって。花の種類も多いです。

あと、市民病院内にあった花屋には、プリザーブドフラワーがあって、友だちには好評でしたよ~。

| ・・・ | 2007/03/01 20:53 | URL | ≫ EDIT

はじめまして♪

豊橋、懐かしいです。

豊橋の大学に通っていました。
10年以上前のことですが・・・。
今は、たしか豊橋駅はきれいになって駅ビルも変わってるんですよね~。

当時、駅ビルの地下でよくヤマサの竹輪をおやつに買ってました♪
ゼミの仲間と、おやつの竹輪を帰りの電車で食べる・・・(^^;)今思えば、変な大学生ですね。。。

ギョロッケ、美味しそうです。大学時代は、こんなこじゃれたものはありませんでした。
食べたいです☆

| あぶりしゃけ | 2007/03/09 23:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ichigoicchie.blog50.fc2.com/tb.php/152-6c6e2d49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。